レポート・論文

第8期生 入塾式

 3月29日、幸福の科学ユートピア活動推進館(於:赤坂)にて第8期生の入塾式が行われました。以下、5名の塾生が入塾いたします。

・中岡茉妃(なかおか まき)
・矢内美花(やない みか)
・加藤健太(かとう けんた)
・藤森智博(ふじもり ともひろ)
・柄澤悠(からさわ ゆう)

 入塾式では、幸福の科学・大川裕太常務理事が「未来への第一歩」と題して講話と質疑を行いました。
 御講話では、冒頭で、我が国は経済的にも精神的にも、すでに「死んでいる」という危機認識を明かし、日本の運命を変える幸福の科学と幸福実現党の使命の遠大さが訴えられました。そして、自分を捨てて、日本と世界、そして神仏のために生き切る気概が力説されています。

 努力の指針としては、勉学とともに「汗を流す」こと、PR力、ディベート力を磨き、マスコミが報道したくなる人物を目指すこと、人格を陶冶しつつ人気の取り方を研究すべきこと等が挙げられました。
 本講話はミクロの視点とマクロの視点を併せ持ち、リーダーとして世に立つための指針が語られています(※3月31日より、幸福の科学の支部・精舎で公開されました)。

 第8期生を迎え、「静から動へ」という指針のもと、当塾は今後も理想国家建設のために力を尽くしてまいります。ご支援、ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。

  • 大川隆法名誉塾長からのメッセージ
  • 【特別限定記事】横井基至 / 松澤力 市議選勝利への道
  • HS政経塾生特別論文ダウンロード
  • 塾生募集
  • HS政経塾長 江夏正敏公式サイト
  • 在塾生の言葉
このページのTOPへ
copyright(c) 2010 Happy Science Institute of Government and Management all rights reserved.